fc2ブログ
あいうえオノマトペREPORT
夕方から雨が降り出して、急遽屋内で踊る事になりました。
大変なこともあったけど、台風と比べたらよっぽど良かった☆

それにしてもよく降ったね~。(今も降ってるけど)
天候が悪い中、応援に来てくれた皆さん有り難うございました!



自分で言うの何だが....
僕の生徒は、環境が整ったイベント経験の方が多い。

これまでも、ZEPP、ダイヤモンドホール、芸文大ホール、文化小劇場etc。
しかも、プロの音響さんがいて、舞台照明もあって...。

春日井祭りのようなお客さんから近いイベントや、設備が少ない屋外イベントの経験者もいるが、
それでも踊りやすい環境に恵まれている方だ。

今回は、もし予定通り屋外であっても、雨で滑りやすいし、お客さんも傘やテントの下で大人しい状況で踊ることになっただろう。
屋内になった事で、舞台が狭くなったり、アドリブ性を求められたりして、結果得る物は大きかった。
どっちにしても『急な変更や対応』によって経験値を大幅に上げるイベントとなった。
僕にとっては、どんなときでも気持ちを切り替えてベストを尽くせる子達を育てる絶好の機会だった。

ダンサーの対応は本当に早かった。
小さなミスもあったが、そんな事は全く問題ない。
ただ、根っからのお祭り人間か、決められたこと以外になるとまだ素になってしまう子の差がはっきりと出た。
これが今後の僕の指導の課題だ。

難しいことは抜きにして、自分が楽しもうとか、観ている人も楽しませたいとか、パフォーマーとしての本能をもっと引き出してあげたいと思った。



僕は、幼い頃から友達みんなで遊ぶ事が大好きだった。
小学生の頃も行事は大好きだった。
中学高校も、体育祭や文化祭などはしゃぎまくっていた。
大きく活躍する訳ではないが、冷めた態度はしたことがない。
思春期になると、感情を抑えたり、がむしゃらなことを小馬鹿にする子もいたが、
僕にはそもそも、照れとか恥ずかしいという感情が無かったのかも?(笑)
ダンスを知ってからは、このお祭り精神に更に拍車がかかった!
その結果がこれだ...
NEC_0241.jpg
ぶっちゃけイタいと思う人もかなり多いだろう....
( ̄∇ ̄*)ゞ
僕もさすがにイタさは感じてる(笑)
だから、これを真似て欲しい訳では断じてない!(笑)
でも、エンターテイメントには真面目さだけではなく、遊び心は必ずいる。
どんな状況でもその場を楽しめてしまう「マイペースさ」はダンスには必要かも?
という話ね☆
くどいようだが、これを真似て欲しい訳では断じてない!(笑)
仮装を勧めている訳でもホントに無いよ☆

いろいろごちゃごちゃ言い過ぎたけど....
『ノリ』って大事じゃん?
というお話でした☆

つまり.....あいうえオノマトペは大漁でした!!
という報告でした。

写真はマックスとミックスで~『みゃ~ックス!』のポーズです。

SATOSHI
[2010/10/31 23:20 ] | 報告
| ホーム |