fc2ブログ
中部予選の決意 2
CENTRAL★FAB-STRIKERSに関して。

昨年の決勝で優勝という名誉ある賞を受賞出来た事で、Central Strikersには決勝へのシード権が与えられていた。
今回敢えてそれを使わないで挑戦した理由は幾つかある。

一つは、中学生メンバーに今だからこそ出来る挑戦をさせたかったこと。

一つは、心から仲間としての絆が深まっているFAB☆GEARとCentral Strikersに楽しい思い出を作ってあげたかった事。そして、LOCKとBREAK、同じOLD SCHOOLとしてのダンスの可能性を身体で感じさせたかった。....ちょっと大袈裟かな?単に作る楽しさを知って欲しかった感じです。

一つは、去年の決勝に遡る。
Central Strikersと親御さんに、これがゴールだと思って欲しくなかった。
優勝は確かにスゴいと思うけど、自分の限界を勝手に決めてしまったら成長は無い。
何より、これから味わえるたくさんのダンスの魅力を手放してしまう。

最後に、最大の理由はこれ。
去年小学二年生だったカズキと、中学生だったシオリはスーパーキッズには出ていない。
FAB☆GEARの北斗と流星は、小学生時代に決勝に出ているから会場の緊張感やレベルの高さを知っている。
去年決勝に出たCentral Strikersの五人も体感している。
ルール上、メンバーが増えてもシード権は使えた。
でも、決勝戦を生で体感した僕としては、ここに立って力を出し切るには、心身ともに強くなくては無理だと実感した。戦わずして決勝に出るより、戦い抜いて掴み取った決勝進出の方が絶対にカズキとシオリの自信になるし、チーム全体の為にもなると思った。
むしろ予選から挑戦して負けた方が彼らにとって得る物が大きいと本気で思った。
このことを主催のぱおさんに伝えたらOKしてもらえた。
シード権を使わなかったチームは過去いないらしいのだが、OKしてくれたぱおさんには本当に感謝しています。

去年同様予選はギリギリの順位で通過です。
でも、「正真正銘この9人で掴んだ決勝進出だよ。よくやったね!胸はっていこう。こっからだぞ!」と声を掛けました。
昨年優勝したことは大きなプレッシャーでもあるはずです。
でも、今年は「CENTRAL★FAB-STRIKERS」として新たな気持ちで挑戦です。
決勝でも挑戦者として、そして中部代表である事を胸に彼等は全力で踊り切ると思います。
応援宜しくお願いします。
SATOSHI
[2010/10/24 23:00 ] | MESSAGE
| ホーム |