スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:-- ] | スポンサー広告
SATOSHI CHRONICLE #2 扉
[最終話]

実は、シンにはダンスの後輩が出来ていた。

僕から見れば、弟の、弟の、弟みたいなものだ(笑)

それがアキオというやつで、

シンを慕っていたアキオは、

シンが死んだ後も練習を続けて手技が上手くなった。

そして、リュウやマサキと出逢うきっかけをくれたのも

アキオだ。

彼らが名城大学のダンス部の創設に関わり、

それによってたくさんの人との出逢いを

後にくれることになった。




みんないろいろなもの抱えて生きている。




重いものも抱えなきゃいけないときもある。

暗い闇を抱えることもある。

途中で降ろせるものもあれば、

一生抱えなければならないものもある。

でも、抱えたものの表面だけを見て

投げ出したり、歩くのはやめてはいけない。

よく見たらホントはステキなものが

裏側とかにぶら下がっていたりするかもしれない☆



もし目の前を闇に包まれたなら、

どかに必ずある扉を探してみる事だ。

そして、何人がかりでもいいから、

その扉を開いてみることだ。

きっと何かが変わる。

いや、変わるまで繰り返し開き続けよう。

命ある限り行動しつつける事の大切さを、

このBLOGを読んでいる人に少しでも伝えたい。



もうすぐ新たな年が始まる。

大切な物を胸に進んでいこう!!


FULL STOIC MOVERS リーダー SATOSHI
[2011/12/29 19:38 ] | CHRONICLE
| ホーム |

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。