fc2ブログ
Zepp後のK-ji
『Studio R3』で、N.Yから来日したバカーリ・ワイルダーという黒人タップダンサーのワークショップがありました。
僕が12年程前に初めてN.Yに行き、ブロードウェイで衝撃を受けた、黒人の歴史をタップダンスだけで綴っていく舞台、『Bringin' da Noise, Bringin' da Noise』のなかで、天才タップダンサー、セビアン・グローバーと共に交代で主役を演じていたのがこの人で、僕はその舞台を見てバカーリのファンになり、滞在中に僕がよくレッスン受けていた先生の代講で2度ほどバカーリに教えてもらう機会があり、その時はほんと感激でした!
そんな本場N.Yのタップダンサー、バカーリのレッスンが日本の、しかも名古屋で受けれるようになるとは...。すごい時代になりましたっ!!

cache_192250403.jpg
タップダンサー「バカーリ・ワイルダー」


レッスンはというと、やっぱりリズムが斬新でステップも『N.Y.スタイル』という感じで素晴らしいっっ!! あと、向こうの人たちは、例えば日本人が『ダンタタ、ダンタタ、タンタンタン』と捉えてるようなリズムを、『ディバドゥン、ディバウンダ、バガシキドゥン』みたいに、とてもバラエティに富んだ音色で説明し てきて、しかも、そのリズムにすごく情熱が込もっているので、なんか、黒人の人がもつリズムの奥深さというか、『魂』というと大袈裟かもしれないけど、熱ーいものを感じ、とても刺激を受けました! 『明日からまた気持ち新たに行こうっ!!』なんて、えらくテンションあがったりしてます。

 朝はヤマカジメンバーとのリハも順調でZeppで楽しい時間を過ごし、夕方にはみんなで熱くパフォーマンスをして、夜はバカーリのレッスンと、とても贅沢な1日でした。
ごちそうさまですっ!K-ji
[2009/08/23 08:32 ] | 日記
| ホーム |