スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:-- ] | スポンサー広告
「希望の種を」Report3
前半、それぞれの四精霊と種ちゃんが触れ合う事で、種ちゃんは、芽が出て、葉になり、蕾になって成長していく。
後半になり、種ちゃんの力で、仲が悪かった四精霊も仲良しに戻る。
仲良しになる為のダンスは、物語との関連性をあえて弱くして、ノリとテンションを押し出すようにした。
ASKA君がいきものががりのバックダンサーだったから、それを活かしたかった。
曲の内容もハマったしね。
チアのお姉さんも最高にやり切ってくれた(笑)
お客さんも凄くノリがよくて、感謝です!!
ジョイフル1
ハメを外し過ぎた....?
いや!やっぱり、こーゆーのは思い切りいかないとね!

裏話
東文化小劇場は、傾斜が強くて、前の人が気にならなくて見やすい。その反面、後ろの方の舞台のお客さんは上の方から見下ろす感じになるから、演者との距離や温度差が出来やすいのが特徴です。それをいかに解消するかが演出の一つの課題でした。
後半はそれをより意識しました。

いよいよ物語は、最終局面に向かいます。




SATOSHI
[2011/10/13 03:04 ] | 報告
| ホーム |

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。