スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:-- ] | スポンサー広告
スタッフさんも参加したリハ
LOGIC11が終わって、北斗ともにリハ現場へ。

リハの様子を見ながら、

「う~ん...。」

どうもしっくりこない。

ダンサーは衣装やポジションを考えることに

集中していたから、ダンスの質はひとまずは置いといて....


僕の演出の「間」や、ちょっとした「ズレ」が

様々なことに影響を与えているのだ。

今回は映像や特効などの派手な舞台演出は一切しない。

ピリッとくる、スパイスがないのだ。

だからこそ、スパイスが無くても

「素材そのものを活かした料理」

のような演出をしたい。

もっと人と空間をうまく調和させて、

人が持つ個性を活かし合える舞台にしなければ...。

かなり落ち込んだままリハは終了。

その後、22時~舞台スタッフさんと打ち合わせ。

ASKA君も参加してくれた。

そこでの打ち合わせはとにかく「開拓的」なことばかりだった。

「それはダメだ!」

「そんなの無理だ!」

みたいな言葉は出ない。

もちろん、答えを出すのが難しい壁に

ぶつかることはあるのだが、

「じゃあ、こうしよう」

「がんばるわ」

と、とにかく噛み合っていくのが

参加していてとても心地よかった。

しばらく考えてもすぐに答えが出せないときは

「ちょっと宿題にする」

という、言葉が出るのだが、

それも逃げ腰な感じではなく頼もしい感じなのだ。

これは僕の読みだが、今回のリハでスタッフさんに

「今回のSATOSHIの演出いまいちじゃないか?」

と、思わせたはずだ....。

いつも以上に「ここ、どう思いますか?」という

僕からの投げかけが多かったから。

僕が相当しっくりきていない感じはバレバレだろう。

でも、スタッフさんはそれをいちいち気にしてはくれない。

自分の仕事をある意味ドライに進めることに集中している。

だからスムーズなのだ。

この日のミーティングは、僕に気合いを入れ直してくれた!

本番まで大きなリハあと二回。

「ここからだ!」

とにかく頑張ろう!

そう、とにかくそれだけだ!!

SATOSHI
[2011/09/13 03:43 ] | 希望の種を...の日記
| ホーム |

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。