スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:-- ] | スポンサー広告
平常心...とはいかないが...
FIVAの最後のレッスンでした。
オープンからレッスンさせて頂いて、もう6年以上は経ってるはず...。
その頃から来ているメンバーもいるし、スタジオには仕事とかで来れなくなっても、今も交流のある生徒も多い。
今日のレッスンは、まさに僕らしいスタイルをしっかり出した内容にした。
でも、気持ちはいつも通り...を心がけた。
でも、踊りながら一人ずつ顔を見ると込み上げるものがあった。
レッスン後も重いコメントは避けて、さらっと気持ちを伝えた。
レッスン後に撮った写真。
IMG_9652.jpg
このときも、しんみりした感じは出さなかった。
そのあと、オーナーさんのお誘いで、みんなで食事をした席でも。
僕はとにかくいつも通りを意識した。
中村区にあるKスタではレッスンを続けるので、発表会ではまたみんなに会える。
だから...というのは強引かもしれないが淋しくはない。
...と自分に言い聞かせていた。

愛すべき生徒を置いて、自分の気持ちだけ舞に出して行動しているような...迷いも正直言ってある。
でも、自分で道を決めたからには後悔するのはみんなに失礼だ。
だからとにかく凛として...いや、もっと「らしく」あろうと。
だから平常心でいようとした。

帰宅してから、生徒に頂いたお花を眺めると、記憶力の悪い僕でさえ、ものすごく多くの思い出が蘇って来る。
僕はここでも恵まれていて、素晴らしい時間を過ごさせてもらった。
「時間」と「人との繋がり」と「経験」と「想い」をこれからも大切にしようと思いました。

みんな本当にありがとう。
FIVAの関係者の皆さん、本当にお世話になりました。
ありがとうございました。

次の講師、スカジュン君をみんな宜しく!!

SATOSHI
[2011/07/29 02:26 ] | 日記
| ホーム |

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。