fc2ブログ
「...かもしれない」
毎年この時期になると

同じような日記を書いているかもしれないが、

卒業式を終えたみんなにメッセージ!!

校長先生や、PTA役員の話とかが退屈だったから

聞いてなかった人もいたかもしれない^^;

でも...君たちのために心込めて話している人達の言葉には

素晴らしい人生のヒントが詰まっていたかもしれない!

聞き逃したらもったいない!!....かもしれないぞ^^

入学式ではちゃんと人の話を聞くんだぞ^^



そう、この「...かもしれない」があるから人生は面白い。

実は、校長先生の話を聞いていても聞いていなくても

どっちでもいい。

(いや、聞いていたほうがいいに決まってるか....^^)

結局その言葉を活かせるかが重要!

活かせないなら聞かなくてもいい!

(いいんかい!?)


話を戻すが、君たちはどんな退屈な話も、

自分に活かせる感性を持っているかもしれない!

人の話を聞いたことで素晴らしい人生が待っている

...かもしれない。

「...かもしれない」とは可能性を表す。

あ、話が理屈っぽくなってきたから、

この辺で一言いって終わります。

同じ日は二度と来ない!「今日」を大切にして下さい!!

自分には素晴らしい「...かもしれない」が

たくさんあると信じて突き進んでください!!

これまでの学生生活が役立つ日は必ずあるよ!!

卒業おめでとう!!

SATOSHI

スポンサーサイト



[2012/03/09 02:08 ] | MESSAGE
さ~!考えよう!議論しよう!!
よかったらチェックしてください。
http://t.co/vAUBnOZb

開けるかな?

原発の問題は、「複雑」とか、「デリケート」とか言う人もいる。
ある面ではたしかにそうなのかもしれない。
でも、いつも言っているが「やっぱり怖いものは怖い」に行き着く...。
「原発推進」する人の意見を聞けば聞くほど「曖昧」が浮き彫りになるからだ。

放射能ももちろん怖い。
ただ、怖いものを怖いと言えない(言わせない)この状況はなんなんだろう?

そして、怖いから「どうするか?」これこそが重要なのもみんな分かってるはず....。
でも、何からはじめたらいいかはどうも分からない。
いろいろな人とまた話がしたくなりました。

SATOSHI




[2012/03/09 01:35 ] | 原発
| ホーム |