fc2ブログ
集中
F2Dのレッスンでした。
いやー。いい汗かいた☆

最近は音をしっかり聴く練習をしている。集中出来る子もいればなかなか出来ない子もいるが、身体に染み込ませるようにメニューを組んでいる。
僕は、どのクラスも親御さんの見学はOKしている。スタジオによってはNGのところある。
どちらが良いかはおいといて、集中しているときにドアが開いたり、物音が耳に入ると、場合によっては集中力は一気に落ちる。
今日、親御さんにそれを説明したら聞いてくれた方々は納得してくれた様子☆
恵まれた環境でレッスンしてることに感謝☆
(⌒▽⌒)

とあるスタジオの発表会のリハで、自分のクラスの作品だから客席から舞台の生徒に指示を出していたら、客席の親御さんに邪魔な顔されたことがある。
(^_^;)
「リハを見学するなら、真ん中の席に座るのはマナーが悪いので隅の方の席に移動して下さい。」と、言いたいのグッと堪えてリハに集中した。
後からスタジオ側に伝えたが、その後改善された様子はない(^_^;)

いろいろな仕事場がある。

生徒も講師も集中しやすい方が良いと思うんだけどなー。
(^^;;

はい、ちょっと愚痴っぽくなってきたからこの辺りでおしまい(#^.^#)

SATOSHI
スポンサーサイト



[2011/07/15 19:30 ] | 日記
SATOSHI CHRONICLE #1 Dance Dynamite2000
第二話「最大の敵」

当時のDance Dynamiteは、予選はクラブクワトロで、決勝はダイヤモンドホールで行われていた。
当時のダンサー達は、みんなダイヤモンドホールで踊りたい一心で予選通過を目指した。
今でも僕にとってダイヤモンドホールは聖地というイメージがある。
とにかく予選通過しなければ憧れのステージには立てない!
その為には、当然良い作品を作らなければならない。

僕にとって当時から最大の敵は「時間」だった。
まず、当時の僕は東京に拠点を移していて、東京での活動がメインだった。
たまに名古屋に戻ってステージの振付やイベントをこなすような生活だった。
FULL STOIC MOVERS(=フルストイックムーバーズ)(以下MOVERS)は、僕、タケシ、ヨシノリ君が東京。
シラネ、ヤタ、ヒロキ、カズマが愛知で、チーム練習は効率よくやらなければならなかった。
…が、東京で知り合って活動を共にしていたタケシとヨシノリ君は、スキルやハートも素晴らしかったのだが、何よりも愛知のメンバーとの相性も最高に良かった。
本当は、ここに「シン」というメンバーがいればまさにベストメンバーだったが、それについてはまたいつか。

僕たちは少ない練習時間を効率よく使い作品を仕上げて行った。
こんな作品作りができた一番の理由は実はカズマにある。
....そう、YAMAKAJIのカズマだ。
僕らのチームは、もともと僕が構成を先に作り、それに合わせてカズマが曲を作る形をとっていた。
僕はイベントで新作を作る度に、カウント数まで指定し、イメージをかなり正確に、そしてわがままに打ち出す。それを元にカズマが完璧な選曲で応えて編集するのだが、恐らく当時の名古屋のダンサーには珍しい作り方だったと思う。曲を作りは反日かけても終わらず、それが数日に及ぶこともざらだった。
その経験値がダイナマイトの挑戦にも当然活かされた。

当時の僕らにとってはCDにかっこいい曲はなく、かっこいい曲は大体レコード。
パソコンも使えなかったかったからレコードで一発録り!
失敗したらはじめからやり直し。
まさにDJとしての腕が必要だった。
曲を作るにも、また作り直すにも、今の何十倍も大変だったのは間違いない。
…が、妥協無く拘り抜いて作ることを二人とも楽しんでいた。
それが出来るカズマを僕らは心から信頼していたし、リスペクトしていた。
イライラしたり喧嘩っぽくなったりはしたけどね(^^;;

ただ、最大の敵「時間」は、攻撃の手を休めることなくあらゆる角度から僕らを苦しめた。

そう、「制限時間」だ…。



SATOSHI
[2011/07/15 01:41 ] | CHRONICLE
| ホーム |