fc2ブログ
Dance Dynamite 2011 決勝 Report7
中学生部門の感想。

10組の中に、カラーやジャンルが似ているチームが幾つかあって、戦いとしての見応えがありました。

どのチームも凄かったが、個人的にはBOYZ-B-SOULが予選から好きでした。

ダンススタイルも雰囲気も、男がダンスを楽しんだらこうあるべきじゃない?と思う。

とにかく「踊る」感覚が僕の好みにハマった!


個人的なことで言えば、当然僕は予選よりも決勝の方が見応えがあった。

三分をどう使いこなすかが僕の見所の一つだった。

僕は二分は苦手で...予選では曲作りにかなり苦しんだ。

でも、決勝はのびのび曲作りが出来た。

曲作りも、練習も、決勝に向けて生徒達とともに音と遊べたと思います♪

IMG_7908.jpg

次回、Report最終回です☆

お楽しみに~。

SATOSHI
スポンサーサイト



[2011/07/05 04:34 ] | 報告
Dance Dynamite 2011 決勝 Report6
Dance Dynamite 全体の僕の感想も書いておこう。

今回は仕事が重なっていてオープンクラスまで見れなかったで、中学生クラスまでの感想になるが…。

小学生クラスと言っても決勝に出てくるチームはみんな当然うまい!!

舞台裏ではみんな可愛らしい小学生の顔に戻るのがまたなんとも微笑ましいのだが(笑)

上手いのは当たり前という大会の中で、どこに差が出るかは....ぶっちゃけ考え出すとキリがない。

技術面も上を言い出したらキリがない。

でも、目指し続けるのがダンサー。

その気持ちを当たり前に導いてくれるのは「好き」だと言う気持ちだと思う。

とくに小学生チームはその気持ちがダンスに繁栄されやすい。

「楽しい」のは第一歩。

楽しいだけだと、楽しくない部分にぶつかったときに小学生の場合は辞めたくなる子もいる。

「楽しい」という気持ち自体は素晴らしい感情だから、

無理にコンテストで力試ししなくてもそれを伸ばす方がある意味では大切だと思う。

でも、失敗しようが、負けようが、悔しい思いをしても続けられるのは、

踊るのが「好き」と言う本能があるからだ。

いつも、思うけど、ダンサーは、大小様々なスタートとゴールを繰り返して進んでいく。

最終的なゴールがあるのかは今も走ってる途中の僕には分からない。

言い切れる事は、「そのときの素直な気持ちがダンスには出る」ということ。

今回の大会を通じてそんなことを実感しました。

SATOSHI
[2011/07/05 04:16 ] | 報告
今日とこの先
今日は夜から北名古屋で振付けの仕事でした。
もう完成度を上げる練習しているのは、去年と比較してもかなり順調な方だ!
油断しないでこのまま走り抜ける!!

そのあとはDSFのあやさんと会って仕事等の話を聞いてもらいました。
ダンスを指導する考え方や、作品作りのこと、人同士の繋がりのこと。
目から鱗が落ちるとはまさに今日みたいなことを言うんだろうな~。
自分の次のステップが見えてきました。

SATOSHI
[2011/07/05 04:09 ] | 日記
桜台高校ダンス部 全国大会出場決定
桜台高校ダンス部がソロ部門での全国大会出場が決定しました!!

ジャズダンスのスキルも高く、安定していたからきっと通過すると思っていました!

全国退大会出場って人生でそう何度も経験出来る事じゃないよね~。

日々の練習を大切にして来た努力のお陰だ!!

本当におめでとうございます!!!!!

全国大会で思う存分自分を出し来て欲しいです☆

そして、桜台の衣装を作っているKAZZさんの衣装が7/4の中日スポーツに載っているそうですよ☆

女の子が二人でポーズしている写真の衣装がそうです☆

チェック出来る人は是非!!
SATOSHI
[2011/07/05 03:52 ] | 報告
| ホーム |