fc2ブログ
☆Soul And Motion発表会☆
☆Soul And Motion発表会☆

IMG_0001_convert_20101103034536.jpg


2010.11.27(SAT)

@日本青年館大ホール
〒160-0013 東京都新宿区霞ヶ丘町7番1号

OPEN 12:30/START 13:00
OPEN 16:30/START 17:00

前売り \3500
当日 \4000
指定席 \4000



僕がS.A.M.で教えをするようになって初めての大きな発表会です!

今キッズナンバーを必死こいて作ってます(>_<)
8割くらいできたかな!?
キッズ達も必死こいて練習しとります!!
昨日衣装も決まりました!

関東のダンスシーンを代表するダンサーによる生徒ナンバーも見物ですがそれ以外にもゲストによる豪華ナンバーもあります!
僕もSムさんを含めたHOUSE講師陣に混じってHOUSEナンバーに出演する予定です(*>_<*)
…大丈夫か僕!?( ̄▽ ̄;)笑

いろんなもの吸収しまくってそして楽しみますっ♪

ぜひ観にきてくださいね~☆☆☆

お問い合わせは、
www.soulandmotion.com
まで!

ASKA
スポンサーサイト



[2010/11/02 20:30 ] | 告知
気をつけましょう
実は、先週の月曜...僕は車を運転中に交通事故に遭遇した。

これから書く事は、あくまでも自分とこの日記を読んでいる人達に交通安全に対する意識をもう一度高めてほしくて書きます。誤解を招くような書き方をしないように十分気をつけますが、僕自身が事故の瞬間を見ていない事と、何ぶん文章を書くのが苦手な事を予めご了承下さい。

お昼過ぎ、とある交差点の渋滞待ちで突然「ガシャン」という音がして、数台前の車の方を見ると自転車と乗用車がぶつかって人が倒れている様に見えた。
慌てて車を脇道に駐車して駆けつけると、既に通りすがりの大人二人が、倒れていた人を安全な場所に動かしていた。乗用車を運転していた人は、パニック状態で道の真ん中でしゃがみ込んでいた。
倒れていた人は意識がなく、左耳から出血していた。
その場にいた全員がパニック状態だった。
けが人を運ぶ事が大変だったのか...救急車への通報がされていなかった。
けが人を勝手に動かす前に119番では?と思う余裕も無く、僕はすぐに119番通報した。
僕も冷静ではなかったと思うが、意識不明のけが人を前に、電話で場所や状況を説明しつつ、応急処置方法を聞きつつ、運転手さんの背中をさすっていた自分を今思い返すと...逆に自分が怖くも思える。
火事場のなんとやら....だったのだろうか?
お昼過ぎで会社員が多いとは言え、みんな冷たいものだと腹を立てていたことも覚えている。
救急車はすぐに来てくれた。運ばれる直前に、倒れていた人は小さく呼吸をするようになっていた。意識はほとんど無かったが、その先を知るすべは僕にはもうなかった。
僕は第一通報者として、あとから来た警察からの質問に答えていた。事故の瞬間を見ていないのであまり力にはなれなかった。僕の前の方の車の人達はなぜ立ち去ってしまったのか....。

事故の状況としてはこうだ。

事故3_convert_20101102000345

もしかしたら、僕の車とぶつかっていた可能性もゼロではない。
車を運転する者として言うが、こんなの本当に『運』だ...と思えて仕方が無い。
事故はまさに一瞬の出来事だろう...。
さっきまでいつもと変わらない日常が、
一瞬で闇になる...。
誰だってパニックに陥っても不思議じゃない。

僕の車には妻も乗っていて、妻は運転手さんにずっとついていた。
泣きじゃくる運転手さんの家族の連絡を伝だったり、背中をさすったり、
出来る事はそのくらいしか無かった。

妻に後から聞いたのだが、運転手さんの車の後部座席には小学生くらいの子供が乗っていて、その子も当然かなりのショックを受けていたようだ。妻はそれをとても気にしていた。少ししてから運転手さんの友人が迎えに来てくれたらしい。僕は全然気がつかなかったが、改めてその時の運転手さんの気持ちを考えると胸が痛む。

実は、今日その運転手さんから電話があった。自転車の人は回復に向かっているようだ。事故の詳しい話はこれからだろうが、電話越しの声の様子で僕と妻の気持ちは晴れた。
僕は安全運転に対する意識が低かった思う。僕も命に関わる程ではないが事故経験があるのに、それでも時間が経つと意識が薄れて来る...。でも、改めて運転意識を高めようと思った。
大人も子供も関係ない、自動車も自転車も歩行者も道路に出れば気をつけていても事故の可能性は常にある。
本当に気をつけましょう。
本当に!

SATOSHI

[2010/11/02 00:14 ] | MESSAGE
| ホーム |