fc2ブログ
ちょっとした拘り....
今、Bang-AppleとCENTRAL★FAB-STRIKERSの音の微調整が一段落した。
本当は元曲をそのまま踊るのが、曲へのリスペクトだと思う。
僕はショーでは一曲使いが好きだ。
でも、悲しいかな、どうしても2~3分にまとめなければならないことが殆どだ。
発表会の振付けでさえ、秒単位で音を編集しなければならない場合もある。

映画「THIS IS IT」を見れば分かる通り、
Michael Jacksonは「間」に対する拘りが(彼はもちろんそこだけではないが...)徹底している。
奏でる人、魅せる人、創る人には「間」に限らず「音」に対して譲れない拘りがあるはずだ。

僕もアーティストの端くれとして当然拘りがある。
僕自身の「視覚的なイメージ」と「音」は必ず一体でなければ気が済まない。
特に「余韻」は僕にとってかなり重要。
でも、仕事や競技にはルールがある。
それは大切だ。
それは分かっている。
だからそれに関してはきちんとやります。
やっています☆

それはそれとして....言いますよ.....。
「だから、コンテストや発表会は苦手だ~~~~~!!」


は~...すっきりした。
ま~、ルールの中で自分の拘りをどこまで出せるか!
これに挑戦するのも楽しかったりするんだよね(笑)

ただ、僕が作曲家、作詞家なら、自分の曲の骨までしゃぶって欲しい。
自由に振付けして欲しい。

...あ、その力が自分にないだけか....ヽ(´~`;

深夜に熱弁してすいません。
明日の為にもうそろそろ寝ます~♪

SATOSHI
スポンサーサイト



[2010/09/12 03:37 ] | 日記
超えつつある
WBのレッスン...ちょっとレベル上げ過ぎたかな?
でも、今は絶対に伸びる時期なんだよな~。
このタイミングは重要だ!
みんなも頑張ってくれた!
僕も気合い入れてガンバロ~。

夕方のレッスンはこんな感じ↓
写真0_convert_20100912012126
右上はTACT君がBang-Appleに振付をしてくれた。
その下は、トモがJAZZの自主練習。

ダンサーにとって自主練習は本当に重要だ。
トモの集中力は大人から見てもかっこ良かった!

ファブストライカーズもいい感じに仕上がっている。
彼等もお互い教え合いながらも切磋琢磨して成長している。

左下は清掃のおじさんです。やること無いんだね。
ガンバって子離れしようとしてるのもあるかな?

それにしても、スゴく良い空間だったな~。

21時半から、バングだけストリートで練習。
写真9_convert_20100912014040
目の前の壁をBANGして頑張ってます!

どの生徒もそれぞれ今の自分を超えつつある。
みんなカッコいいぞ☆

SATOSHI
[2010/09/12 01:49 ] | 日記
| ホーム |