fc2ブログ
ダンスを教えるモチベーション
突然ですが、こんなことを書いてみました。
長いから暇なことに読んでね☆

僕が一番大切にしていることは「自分で考える力」を見につけてもらうことです。
具体的な一歩は、僕なりの練習方法を教えます。それが理解出来たらその人に合う練習方法のヒントを提案します。
あとは、自分なりに踊れるようにアレンジして楽しんで欲しいと思っています。(無責任かな?(笑))
基礎は確かに大切だけど、その先を自分で作っていけたら可能性は無限なんです。

だから、目標の一つに「独習力」があります。僕がダンスを始めたばかりの頃はダンスビデオとかは殆どなくて、良いダンサーの噂を聞いて大阪や東京に通ったり、海外まで行ったりしました。当時はネットもないし、携帯も無かったので、文字通り風の便りをあてに...ある意味ちょっとした冒険でした(笑)
でも、出逢う人達はみんな良い人達で、一生懸命自分の技術を教えてくれたり、言葉では教えないけど素晴らしい環境に連れて行ってくれたり...今思うと出逢いこそが最大の財産だったかもしれません。
そこで僕も、「自分に出来ることが、ダンスに興味のある人の役に立ったら嬉しい」と思うようになったわけです。
でも、ダンスの楽しみ方は絶対にみんな違うから、最終的にそれを判断するのは「自分」であるべきだと思っています。
だから、スタジオでのレッスンが楽しい人はそれも素晴らしいと思うし、ストリートの練習が好きな人も素晴らしいと思う。でも、練習には結局どこでやっていても「自分で考える力」がいる。もっと言うと、「これが欲しいという」という自らの欲求がいる。
誰にも流されること無く独りででも追い求めていける熱意があれば、それは本気だと思います。
本気になれれば、つらいことでさえ楽しめたりします。
これは人に習うことが良くないと言っている訳ではないんですよ。その先、更に自分で生み出していく力も大切だと言いたいんです。そりゃ、僕だって成長し続けるから、教えられるネタは無限!...のつもり(笑)

僕は、ダンスを通じてたくさんの人達と出逢えています。
一緒に踊る仲間や生徒に「よくぞ僕というダンサーと出逢ってくれました。」と必ず思います。だからこそ、僕の持つ(数少ない)技術と環境を少しでも多く提供したり、共有しようと考えます。自分が先輩達にしてもらった素晴らしいことを、大切な人達にしたいと思うのは当然じゃないですか☆
たまにそれが、はた迷惑なこともあるかもしれませんが...(↓↓↓)
こんな僕が教えて良いのかな?もっと上手く教える人いるだろうな....とか思うこともありますが、それでも、自分ならではのこと、自分にしか出来ないことしかしてあげらないのだから、どうせなら全力でいたいと考えています。

どんな初心者も、続けていれば必ず自分らしいダンスが踊れるようになります。
生徒だった子もいつの間にか仲間になったり、尊敬できる同業者になったり☆
自由に踊れるようになったら、上手い下手ではなく、プロとかアマではなく、若手ベテラン関係なく、みんな踊り手として「自立」できたということだと思う。だからリスペクトします。
自分で考え、自分で出来ることを増やし、自分で選び抜き、自分を高め、自由に自分を表現する。
僕にとってはそれを見れることが最大の喜びです。....自己満ですが(笑)
この自己満足こそが僕の最大のモチベーションです。

p.s.大切な仲間たち、生徒たち、後輩たち、先輩たち、さらに繋がっているたくさんの人たち....みんなのダンス愛に感謝☆
あ、「ダンスは素晴らしい文化です!」と言えることもモチベーションの一つでしたね。

SATOSHI
スポンサーサイト



[2010/06/06 01:35 ] | MESSAGE
| ホーム |